第1回 テンポス社員によるオーナーさんインタビュー


今回から【テンポス社員のオーナーさんインタビュー】を連載を開始いたします。

全国45店舗のテンポスバスターズ各店舗から特派員が、日本全国各地の飲食店オーナーを訪問して、興味深い開業の経緯や苦労、そして飲食業の面白さ・嬉しかったことを突撃取材してご紹介してまいります。

第1回は愛知県のテンポス春日井店 長谷川特派員による、全品299円酒場 「いち屋」さんです。

6a90b639647dab5023b04148f3dd8396-224x300

全品299酒場 いち屋さんのお店情報
logo_hotopepper

全品299酒場 いち屋さんのFacebookページ
logo_facebook


全品299円酒場 「いち屋」
読んで字のとおり1品299円。ドリンクもフードも299円均一のお店。
低価格で新鮮な魚貝と地酒・地焼酎が堪能できる。
売りにしている海鮮料理は、その日市場で上がったものを店長が吟味した自慢の一品だ。

15-300x201

地下鉄名城線堀田駅から徒歩5分。
在来線名鉄堀田駅から徒歩12分。
南北に走る国道41号線沿いに店はあります。

近隣にはFAXとミシンのブラザーや、ガス器具のパロマ、豊臣など大きな工業会社が軒をかまえています。
会社が多いことや駅が近いこともあり、夜になると人通りは結構あって賑やかになります。

同じ店の並びには刀削麺と280円居酒屋のニパチがあり競争がうかがえる。

3e658010b738131dbb98f23f2b7ddc31-300x225

店内は和風で木の柱が落ち着いた感じ。
店内に装飾されている大漁旗が雰囲気を出している。

5960b7958709cfc1a58d4fb132af4902-300x225

e85fe64407d7e6dd656d633f9de482d0-300x225

スタッフは若い方が多く、元気もあり楽しそうに働いている。
そんな「いち屋」のオーナー 桑山さんにインタビューしました。

長谷川:本日はご協力ありがとうございます。では早速質問させていただきますね。
オープンして5年目に突入ということですが、お店を始めようと思ったきっかけはなんですか?

桑山オーナー:こちらこそよろしくお願いします。きっかけですか。元々雇われ店長で働いていたんですね。
そこで知り合いから店を購入しないかと声をかけられて買うことにしました。
元々大学生のときに飲食店で働いてまして、自分の店を持つことも考えていましたから。タイミングが良かったです。

長谷川:働いている場所は同じで肩書きだけが代わった感じですね。
雇われからオーナーになる際、不安だったこととかありますか?

桑山オーナー:雇われだった頃から仕入れから全てまかされていましたし、お店も常連様がついていましたから特に不安だったこととかはないですね。
ただ、業態を変えてオープンしようか悩んだんですが、お客さんもついているしこのままいっちゃえって(笑)

長谷川:本日(土曜日)も満席ですが、集客に関してなにかしていますか?

桑山オーナー:ウチは広告とか一切うってないんですよ。ほぼ口コミでお客様がきてくれるんですね。
地域情報誌も試したんですがイマイチだったし。

長谷川:そうなんですね。今テンポスでは満席FAXと(略)
やはり居酒屋ですとリピーター獲得がネックになると思いますが、いかがでしょうか?

桑山オーナー:そうですね。単価が安い分回転させないといけませんから。
スタッフにはお客様の特徴を覚えるようにさせてます。
後、自分のことをお客様に覚えてもらうことですね。お客様ってスタッフにつくんですよね。
料理についていただけるのが一番うれしいんですけど、直に接しているのはスタッフですから。

長谷川:スタッフ次第で1品2品追加注文を受けることも可能ですしね。

桑山オーナー:そうですね。感じの良いかわいい娘だったらもう1杯頼んじゃいますよね?

23c3ca9895cf19b7d42263e525f7a2d0-224x300

看板娘

長谷川:頼みますね!(笑)
ところで、今までに苦労したことや、面白かったこと、うれしかったこととかありますか?

桑山オーナー:苦労って苦労はしてないですね(笑)。
面白いっていうかスゴイお客さんがいまして。
お1人かお2人で来店されるんですが、お会計がお1人1万円を越える方がいます。しかもアベレージで越えてきます。

うれしかったことは、今のお店で嫁さんと出会えたことですかね(照)

長谷川:え!?1品299円で1万円越えるんですか!スゴイですね。
お嫁さん、おめでとうございます。お店を買ったらお嫁さんまで付いてきたんですね。
最後にズバリ 今後の展開は!?

桑山オーナー:3年以内に後2店舗展開します。場所とかは決めてないですが絶対やりますよ!

長谷川:じゃああと2人お嫁さんができちゃいますね(笑)

桑山オーナー:もしできたら内緒にしといてくださいね(笑)

長谷川:本日はありがとうございました。

ef4b0f67e48e82637c17c9c6c4598298-224x300

桑山オーナー

取材中もどんどん来客があり、気付けば外で何組か待っていました。
このお店の人気がうかがえますね。

3年で2店舗オープンさせるという明確なビジョンをオーナーが持っていることがスタッフからの信頼にも繋がっているのだろうと感じました。

お客さんを覚える、お客さんに覚えてもらうというのは全ての接客業に共通していえることですね。私も早速実践してみたいと思います。

まずは覚えてもらうためにどうするか。インパクトが大事ですね。
う~ん・・・ 着ぐるみでも着てみますか・・・

全品299酒場 いち屋

愛知県名古屋市瑞穂区苗代町24-17 フラーリッシュ宗塚1F 
地下鉄名城線堀田駅 2番出口徒歩1分
17:00~翌1:00(LOフード0:00 LOドリンク0:30)
定休日:不定休

席数:60席
スタッフ数:ホール 6人
厨房 4人


<1ヶ月のデータ>
売上:450万
利益:15~20%
客数:60人
客単価:2,350円
営業年数:4年
FLR:70%


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ