「スモールM&A」について


こんにちは。M&A担当の横山です。
みなさん「M&A」というと、大企業だけのものというイメージをお持ちかもしれませんが、決してそのようなことはありません。
特に中小飲食店の顧客を多く抱えている「テンポスバスターズ」のグループ会社である当社では、数百万円から数千万円という小型の案件を数多く取り扱っています。
そのため、当社では手数料も安く設定しています。
通常、M&Aの仲介手数料率は、成約金額の5%程度が一般的です。例えば1億円の案件なら500万円の手数料が、5億円の案件だったら2500万円の仲介手数料がかかります。
しかし、大概の仲介会社は、最低手数料を500万円に設定しています。大手の仲介会社に至っては最低手数料が2500万円なんてところもあります。
これだと、1000万円や2000万円程度の案件で500万円や2500万円も手数料を払うことになります。とんでもないですよね!
当社の最低手数料は100万円です。当社のM&Aの特徴は「スモールM&A」なのです。
1店舗だけで数百万円の案件でも取り扱っています。また、テンポスバスターズグループでは「ステーキのあさくま」という飲食チェーンを自ら経営しています。実際、グループ会社の「あさくま」で今までも4店舗のイタリアレストランや3店舗だけのエスニック料理店、2店舗だけの郊外型カフェなどの事業譲渡案件を買付けています。
グループ会社以外のチェーン店様からの買収案件依頼もたくさん受けています。
後継者不在によるお店の、あるいは会社の事業承継にお悩みのオーナー様!リーズナブルなコストで円滑に事業承継を纏めさせていただきます!ぜひ当社にお声掛けください!


人気のWebコンテンツはこちらです

お問い合わせ
お問い合わせ
お問い合わせ

PC表示SP表示

お問い合わせ